てんかん発作とは具体的にどんなことが起こるのか

てんかん発作とは具体的には、どんなことが起こるのでしょうか。具体的には、突然に意識が飛んでしまう、このようなことが代表的な発作として起こってしまいます。そのため、車の運転などをしている際に、てんかんのこのような症状が出てしまうと、大事故などにつながってしまうのですが、それまで自分がてんかんだと気づかない、知らなかった人の場合には、このようなケースもまったく予測が出来ないものです。上記のように突然に意識が飛んでしまう、意識がなくなってしまう、意識が混濁してしまう、このような症状が出て、そこで親御さんや先生が病院で診てもらい、検査の結果、てんかんである、と告知されることがあります。またこのほかにも、発作としては、急激に不安な感情や恐ろしい感情などが出てきて、不安感からリストカットを行ってしまうケースがあります。そのような場合には、傷を隠すために、手にリストバンドなどを行っているケースがあり、この場合にも、思春期のためかと思われがちですが、この傷などはさすがに、病気の特徴ともいえるため、親御さんや友達が気づくバターンがあります。またこのほかにも、上記のような意識混濁や、リストカットなどの自傷行為、そのほかとして、突然に暴力的になってしまう、このような発作が出ることがあります。ただ、普段はとても優しい方ばかりなので、その突然の荒ぶる感情に驚く人も多く、この発作の場合には、性格の問題とも考えられるケースもあります。よく言われるのが、てんかん発作の場合には、突然意識がなくなり、そのまま意識が飛んでしまう、このことが大変に特徴的であり、そのため、仕事などを選ぶ際に、就職の時に希望の職種に就けないことがあります。

てんかんによる死亡例

てんかんによる死亡例については、車などの運転を行っていた時に、突然に意識がなくなってしまい、そのまま電信柱などに激突をしてしまい、死亡をされてしまった、このような事例があります。てんかんの患者さんの場合、突然、このように意識がなくなる、意識が飛んでしまうというケースがあり、このようなことから、てんかんだと事前に分かっている場合には、バスの運転手にはなれない、パイロットにはなれない、などの厳しい基準があります。しかし、幼少などに、突然、意識が飛んでしまい倒れてしまった、通学の途中で意識が飛び、そのまま転倒してしまった、このような体験などがないと、そのまま成長をして、自分自身がてんかんである、このことに気づかない、親御さんも、ご家族の方も気づかない、このようなケースがたくさんあります。実際に、死亡例にはなっていませんが、医師の方が、てんかんの患者さんでありながら、同時に医師でもあり、しかしながら、車の運転を行っていたところ、車の事故を起こしてしまい、他の人が亡くなってしまった、このような事件がありました。>多くの場合、また、医師になれるためには、条件として、精神障害があるケースの場合、症状や状態にもよりますが、通常は医師になることが出来ないケースなどもあり、てんかんの患者さんは、このように職業にかなりの制限がされる場合があります。医師の場合には、例えば外科医などの場合には、手術中に、てんかんにより意識が飛んでしまうと、患者さんが死んでしまうケースなどがあり得るため、検査などが必要になったりと、いろいろな制限があります。このように、車の事故を起こしてしまい、てんかんの患者さんが亡くなってしまったという例は、過去にあります。

てんかんに効く薬

テレビなどで、定期的に取り上げられることが多い、てんかんという病気は、近年認知度が高まっている病気です。各メディアでは、原因が一つしかないように取り扱っていますが、実はてんかんが起こる要因というのは複数あります。
大きく分類すると、特発性と症候性に分けられます。特発性の場合は、脳に明瞭な変化が見受けられないという特徴があります。そのため、原因がはっきりとせず、治癒させるのが厄介です。実際にてんかんに見舞われている方の様子を診察すると、遺伝が関係しているように見受けられることがあるものの、断言することができず医療機関が研究途中というのが実情です。一方、脳に明瞭な変化がある事として症候性が挙げられます。脳に傷や障害が生じることにより引き起こされます。てんかんというのは、大人だけに発症する病気ではなく、子供にも見受けられますが、症候性の場合特に子供に特徴が見受けられます。小児性のてんかんの場合、生まれながらにして脳に障害があったり、出産時に頭部が圧迫されることで脳にダメージが負うことが原因になります。一方、成人の場合頭部に何らかの衝撃が加えられた時に、血管が圧迫されたり切れるなどして、生じることがあります。そして、誤った判断をされることが多いとして、認知症があります。医療機関で認知症と診察されたものの、実はてんかんだったというケースが珍しくないので、信頼のおけるクリニックや病院を選定する必要があります。そもそも、てんかんは珍しい病気という認識が持たれているものの、患者数をみると決して珍しい病気ではないということがわかります。しかも、大人に生じる病気という認識を覆すかのように、3歳以下の子供に多いのも特徴です。

トップページへ