てんかんの専門医による診断とパニック発作との違い

てんかんは慢性の脳疾患なので専門医の診察を受けて、長期的に治療を行なわないと症状を改善することができません。またてんかん発作は繰り返し起きるので、薬を飲まないと症状を安定させることができません。通常の場合は18歳以下の子供時代に発症するのですが、最近では高齢化によって、高齢者の脳機能障害によるてんかんの症状も増加しています。完治することはありませんが薬によって症状がコントロールできるので、8割以上の患者は普通に日常生活を送ることができます。パニック発作との違いは、実際に意識を失ってしまう発作の症状などで、パニック障害では意識を失うことに対する不安が大きくなりますが、実際に意識を失うことはありません。しかしてんかんは意識を消失して、全身けいれんが起きることが多いので、精神的な不安が引き起こすパニック障害とは全く違います。原因は不明の場合が多いのですが、脳に何らかの障害や傷があることによって起きる場合が多くなっています。例えば生まれた時の仮死状態や低酸素状態などで起きることも多くなっています。また幼少時にインフルエンザなどに罹患して脳炎や髄膜炎などを起こしたことで、てんかんになることもあるので、様々な脳に対する病気がてんかんを引き起こす原因となります。高齢化社会になりつつある日本では、脳出血や脳梗塞などから生還した場合にてんかんを起こすことが多く、その場合には脳機能障害なので、投薬や手術などで治療が可能です。てんかんは急に倒れるという意味なので、発作の代表的な症状は急に後ろ側にひっくり返るような状態になることです。また長期にわたり薬を服用し続けなければならないので、尿検査などを定期的に受けて、体の状態を把握することが大切です。

トップページへ