症候性てんかんと低酸素状態と診療施設のネットワーク

てんかんとは、さまざまな要因によってもたらされる慢性の脳疾患です。大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作を特徴とします。原因はそれぞれですが、大きく分けて、症候性てんかんと突発性てんかんに分けることができます。
症候性てんかんでは、脳に何らかの障害や傷があることによって起こる転換です。例えば、生まれたときの仮死状態や低酸素状態、脳炎などががげられます。突発性てんかんは、いろいろな検査をしても異常を見つけることができない原因不明のてんかんのことをいいます。発症年齢は幅広いですが、3歳以下の発病が最も多く、約80%は18歳以前に発病しています。
癲癇(てんかん)という名称は、きげんぜん200年秦の始皇帝の時代に倒れるという意味で用いられていた「癲」と、隋の煬帝の時代に小児のてんかんという意味で用いられていた「癇」ということばをあわせたもので、「癲癇」として使われ始められたのが唐の時代からです。発症率は100人に1人といわれており、全国に100万人程度の患者がいると考えられます。現在の医療では、適切な治療を行えば発作を70%~80%の人でコントロールすることは可能となっており、多くの人たちが普通に社会生活を送っています。
しかし、約2割の人たちは、薬を飲んでも発作をコントロールすることができない状態で、難治性癲癇とよばれるものもあります。
癲癇の診療施設は、癲癇専門医といって、日本癲癇学界では専門医制度を設け、臨床専門医を認定しています。
癲癇の専門医療情報サイトとして、癲癇診療ネットワークがあります。日本全国の癲癇医療に携わる医師の情報などが掲載れていますので、そうしたサイトやネットワークを活用して、お住みのエリアの専門医や病院や診療施設を調べることができます。

トップページへ