本格的に使いたい人の浄水器の選び方

自宅でおいしい水を手軽に楽しみたいと思ったら、家庭用浄水器を設置するのがおすすめです。

ですが家庭用浄水器には多くの種類があるため、適当に選んでしまうと失敗することもあるので注意が必要です。これを防ぐためには、自分の目的にあった選び方をするのがポイントになってきます。本格的に美味しい水を利用したいという人は、浄水器のタイプの中でも据え置き型とアンダーシンク型を検討するのが上手な選び方になってきます。

据え置き型はキッチンのシンクの横などに器具を設置するもので、水道水の水をフィルターでろ過して使用します。値段は三万円ほどと高額になりますが、そのぶん有害物質の除去性能が高いというメリットがあります。据え置き型の大きな特徴の1つに、水の美味しさにこだわれる点が挙げられます。ただ単に水をろ過するだけではなく、アルカリイオン水に調整できるものや、料理に適した軟水を作れるものもあります。

これに対してアンダーシンク型の浄水器は、器具を流し台の下に設置するのが特徴です。そのためキッチンの見た目をスッキリとすることができるので、デザイン性にこだわった選び方をしたい人におすすめです。アンダーシンク型の浄水器の性能は、据え置き型同様に非常に高機能になっています。フィルターも大きく、約1年ほど交換しなくて済むのも嬉しいポイントに挙げられます。その反面、アンダーシンク型は器具と取り付ける際に専門の工事が必要になることが多いので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *