浄水器の上手な選び方とは

今では一般家庭でも浄水器を使っている所は多いです。

国がきちんと水を綺麗にしてくれていると言っても限度がありますし、マンション暮らしの人の場合は貯水塔に入っている水を使う事になります。そのまま使うと、菌が入っている水を利用して炊事をする事になりますので、身体に悪影響が出てしまう可能性もあります。それを防ぐに為にも、しっかりと浄水器を使う事が必要だと思いませんか。しかし、どの浄水器を選んでも良いというわけではありません。

自分の家に合っている物を選ぶ事が重要です。選び方についてですが、浄水性能はもちろん、設置形式が意外と大事です。設置形式とは、浄水器をどのように取り付けて使うかに関わってくるものです。例えば、一番メジャーな物が据え置きタイプです。このタイプは大きめのタンクをシンクの上に置かなければいけませんので、シンクが狭い人にとっては設置し辛くなります。ですが、蛇口直結タイプの物でしたら、その心配はありません。

これは蛇口にそのまま直接取り付ける物で、大きさもそこまでないため、シンクが狭くでも問題なく使う事が可能です。しかし、蛇口直結タイプは据え置きタイプよりも、浄水性能が低いですしカートリッジの寿命も短いというデメリットがあります。浄水器は生活がより安全になる便利な物です。しかし、選び方を間違えるとシンクが狭くなって料理がしにくくなります。なので、シンク事情をきちんと確認して、選び方に気を付けて買いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *