自分にあった浄水器の選び方

日本の水道水はカドミウムやシアンなどの有害物質が安全基準値以下になるように管理されています。

そのため安心して使うことができますが、よりおいしい水を飲みたいと思ったら家庭用浄水器を設置するのがおすすめです。そうすることでスーパーやコンビニで水を購入しなくても、蛇口をひねるだけでおいしい水を利用できるようになるからです。しかし浄水器には多くのタイプがあるので、自分のニーズにあわせて設置する必要があります。そのため、上手な選び方をチェックすることが非常に重要になってきます。

手軽においしい水を楽しみたいという人におすすめの選び方は、機材がコンパクトかどうかに重点をおく方法です。蛇口直結型の浄水器は家庭の蛇口に直接設置するだけで、おいしい水を使えます。大きな設置スペースがいらないうえに、2000円から5000円ほどで機材を購入できるのが魅力です。本格的に浄水器を利用したいという人は、据え置き型やアンダーシンク型を検討してみましょう。

据え置き型は蛇口の横のシンクに機材を設置するものです。それに対してアンダーシンク型は流し台の下に機材を設置します。どちらも蛇口直結型よりもフィルターが高性能で、より本格的においしい水を楽しむことが期待できます。据え置き型とアンダーシンク型の選び方の違いは、工事の有無にあります。据え置き型は工事不要で取り付けることもできますが、アンダーシンク型は大がかりな工事が必要になることもあるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *