据え置き型浄水器のメリットとデメリット

水道水の不純物を取り除き安全で美味しいお水が飲めるとして浄水器が注目されています。

それに伴い、各メーカーから色んなタイプの製品が出ていますが、そのひとつに据え置き型のものもあります。据え置き型の浄水器とは、本体を水道の横など近くに置き、ホース部分を蛇口に接続して浄化されたお水が出るという仕組みになっているものです。仕組みとしては、シンクの下に設置する大掛かりな工事が必要となるビルトイン型のものと同じだと言えますが、据え置き型の浄水器は、そのような工事は必要なく設置作業がすぐに完了するのが魅力でありメリットのひとつです。

そんな据え置き型浄水器のメリットは他にもあり、ビルトイン型と同様に浄水の精度がかなり高いことが挙げられます。内臓されている濾過出来る面積がとても大きいので、蛇口取り付け型のものとは比較にならない位浄水能力が高くなっているのです。また、先に挙げたように、設置の大掛かりな工事が不要なので、気軽に購入して設置することが出来ることもメリットのひとつだと言えるでしょう。

一方デメリットとしては、性能が優れているので製品の購入に関して数万円からものによっては数十万円掛かることがあることです。また、据え置き型浄水器は、水道の横に設置することが多く、その為の場所を確保する必要があることや、本体やホースの衛生状態が比較的悪くなりやすいとも言われているのでメンテナンスを頻繁に行なう必要があることが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *