据え置き型の浄水器のメリットとは

今や多くの家庭が導入している浄水器ですが、様々なタイプの物が販売されています。

ポット型の物から据え置き型、そしてシンクの下にある配水管に直接取り付けるタイプという物もあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、どれを選んでも一緒というわけではありません。もしも、どれを選んでも一緒と考えているのならば、それは避けておいた方が良いでしょう。様々なタイプがある中でも、おそらくメジャーなのが据え置き型の浄水器です。

これはシンクの上に置いて使うタイプの物で、場所を取りますが値段も性能も安定しているというメリットがあります。カートリッジの寿命もほとんどの商品が1年ありますので、交換する時期がなかなか来ないので取り換えるのが面倒という人にもおすすめです。つまりはコストパフォーマンスが優れているタイプが据え置き型の浄水器となります。また、取り付け方も簡単で、個人でも十分に出来るレベルです。

インターネットにある取り付け方の動画を見ると分かりますが、本当に簡単です。また、配水管に取り付けるアンダーシンク型は業者による工事が必要になりますので、どうしてもお金がかかってしまいます。家を建てる際に最初から取り付けるならば良いのですが、後で取り付ける事になると工事費が必要です。ですが、据え置き型は個人で取り付けられるタイプなので業者に工事を頼まなくても良く、それだけお金が浮くというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *