浄水器の据え置きはどう比較する?

これから浄水器を選ぼうと思ったときに機能性の高さも重視するなら据え置きだと視野に入れ始めたら、いろんなメーカーがあるので頭を悩ませるものです。

分かりやすいところでつい値段に目が向きがちですが、それぞれのメーカー商品の特徴も良く見ながら選んでいくようにしましょう。浄水機能が高く、それでいていつでも気軽に綺麗で美味しい水を飲んだり料理などに使えるというのはとても便利です。ろ過するために使われているフィルターは活性炭や活性炭と中空糸膜の組み合わせ、逆浸透膜とも呼ばれるRO膜を使っているものに分けられます。

ろ過する材料が違えば、取り除く不純物や有害物質の内容も変わってくるので、一度は細かく仕様をみておくことをおすすめします。商品によっては13項目のみの場合もあれば、プラスして4~6項目ほど除去可能な機能を持つ浄水器もあるのが据え置きの浄水器のよさです。

価格は探していけば約1万円前後でも探すことができますが、約3~4万円台というのも非常に多いです。デザイン自体は浄水器には一見見えないようなスタイリッシュなものも多いですから、その点は意外と気にしなくても良いでしょう。据え置きなので台所やシンクに置くことになりますので、配置できるスペースは確保して置くようにしておいて下さい。物を選べばカートリッジ交換も数年置きというのもありますから、しっかりと機能やメンテナンスに付いても確認してから購入すると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *