据え置き型浄水器の強み

浄水器にはいくつかの種類がありますが、もっとも多いのは蛇口の先端に取り付けるものや蛇口内部にろ過装置を設置したものなどがあります。

いずれも蛇口のすぐ近くで浄水されますから、安全な水を飲むことができます。その一方で、浄水器にはこのような形式のものだけでなく、据え置き型にしたものも増えています。据え置き型といってもいくつかの種類がありますが、基本的には蛇口の手間で分岐して浄水器に接続して浄水するというものです。

仕組みそのものは蛇口に取り付けるものと変わりないものですが、据え置き型にしかないメリットもあります。据え置き型浄水器の強みとしては、容量に余裕があるということです。

蛇口に取り付けるものは、十分な容量がありませんから浄水能力にも限界がありますし、ろ過に利用されるフィルターも小型のものになりがちで、そのため交換頻度が高くなります。その点で容量に余裕があり、余裕のある浄水ができるものです。特にフィルターカートリッジの交換が蛇口取付型であれば、3ヶ月に1度は必要ですが、1年に1回で済ませることができます。メンテナンスの回数が少ないことなどからレンタルで貸し出しているところもあり、それらにはカートリッジの交換も含まれますからお得です。

またシンクの下に設置することも可能で、そのような設置をした場合には、蛇口まわりをすっきりした状態にすることができるのも据え置き型の浄水器のメリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *