初めての浄水器は、据え置き型がおすすめです

浄水器にはいくつかのタイプがあります。

蛇口や水栓に直接取り付けるタイプ、サーバーに浄水カートリッジと水を入れておくタイプなどがありますが、その中で据え置き型のタイプは比較的使いやすく、初めて購入する方にもおすすめです。これは独立した浄水器本体をシンクの脇などに置いて使用するもので、使用する際は水道の蛇口からホースで水を機器に通します。水はフィルターでろ過されたのち、本体のノズルから汲み出す仕組みになっています。据え置き型のメリットとしては、主に3点、挙げることができます。

まず、設置にあたって工事が要らないことです。設置は、使い勝手のよい場所に置いて給水のホースをつなぐだけ。シンプルなのでひとりでできますし、電源も不要なので電気工事なども必要ありません。工事の出費がないので導入のハードルが低くなります。そして、ろ過能力が高いことがあります。

たとえば、蛇口に取り付けるタイプは簡易型のフィルターしかついていませんが、据え置き型は大型で高性能のろ過フィルターが内蔵されています。そのため不純物やカルキをしっかりと取り除くことができ、加えて、一度に大量の水をろ過することができるため、飲用のときだけでなく料理にも不自由なく使用することができます。さらに、前述のように大型のろ過用フィルターを使用するため、フィルターの使用期間が比較的長い、というのもメリットといえます。製品によって違いがありますが、平均すると1年から1年半ごとに交換するだけでおいしい浄水を使うことができます。浄水器の購入は初めてという方には、据え置き型がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *