東京都は多摩地区と23区に分かれていますが、そのうち他の地区のほうは土地に余裕がありません。例えばお店を開く場合でも駐車場の設備を整える事は、そう簡単なものでは無いわけです。このような場合には、駐車場が全くない状態が1台か二台程度しか止めることができない程度の面積でお客さんに駐車場を提供するしかありません。しかしながら、このやり方ではお客さんがなかなか納得できないでしょう。

もちろん土地柄のことを考えて納得してくれるかもしれませんが、やはりお店側としてもクレームを最小限に減らすためそしてたくさんお客さんを招き入れるためには駐車場が必要になります。最近は、平地のコインパーキング等ありますが、パーキングと契約をするのもそれは簡単なものではありません。やはりお店から距離が遠いこともあるため、できれば自分たちの駐車場を所有していただく方が良いです。もし可能ならば、立体駐車場利用してみるのも良いでしょう。

立体駐車場がそのままコインパーキングのようになっているケースもありますが、その場合は近くの立体駐車場のコインパーキングと契約をしてみましょう。その一方で、機械式の立体駐車場を自分たちで設置する方法もあります。ある程度お店が大きくお客さんの数が見込まれる場合には、思い切って立体駐車場の設備を整えてみるのが良いかもしれません。これによって、お客さんの取りこぼしをなくすだけでなくクレームを最小限に抑えることができます。

結果的に、ストレスのないビジネスをすることができるでしょう。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です